PRODUCTION

「価格は中位、製品は上位」というモットーのもと、
性能・デザイン・納期など、
あらゆるニーズにオーダーメイドの開発・製造体制でお応えします。

製造の流れ

  • 打ち合わせ・調査
    お打ち合わせには営業に加えて技術知識に長けた社員も同席し、標準仕様書などを確認。
    ご要望を伺ったうえで、現地調査や見積もりを迅速に行います。
  • 生産設計
    できる限り現地に足を運ぶなど、担当者はあらゆる状況を把握したうえで設計を開始。
    お客様のご要望はもちろん、コスト・納品スケジュール・納品スペースなども鑑み、
    関係者全員が喜べるプランニングを行います。
  • 工作設計
    プラン策定後は、「工作設計」の担当者がバトンを受け、製造図面の設計を実施。
    設計プロセスを2回に分けることで、熟練の現場技術者の声が
    製品づくりにくまなく反映され、さらなる品質向上を可能にします。
  • 製缶
    創業100年の中で磨かれた技術力を受け継ぐ技術者が、
    独自の溶接技術などを用いて、強固かつ多種多様な形状の製造を実現。
    特に難易度の高い仕様の場合には、配電盤団地に工場を構えるメリットを生かし、
    数多くの実績と長い経験を保有するパートナーとともに製造します。
  • 塗装
    当社は、茨城県古河市に塗装に特化した専用ラインを保有。
    前処理(リン酸亜鉛皮膜処理)からパテ付、紛体・吹付塗装を行い、
    焼付まで自社で一貫して行うことが可能です。
  • 組立
    模擬配線を綿密かつ徹底的に実施。
    スピードと正確性を意識し、部品やダクトの取り付けを行っています。
  • 品質管理・品質検査
    品質検査も知識・スキルに長けた腕利きの技術者が担当。
    お客様の負担となるトラブルを未然に防ぐべく、
    ミスゼロを目指して最大限の注意を払い検査を行っています。
  • 納品
    事前に納品場所を確認し、納品形式も配慮した製品を、
    ご希望の場所に納品いたします。